014

JAGDAの正会員になりました

JAGDAの会員証

お久しぶりの更新となってしまいました……。

少し前のお話になってしまうのですが、弊社スタッフのJAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)への入会が承認されました。
と言っても、今回入会したのが普段ブログを書いている私のことなので、気恥ずかしいのですが、せっかくなので少しだけ。

JAGDAとは?
JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)は、1978年、戦後日本のグラフィックデザインの礎を築き、東京オリンピックポスターをはじめ数々の名作を残した故・亀倉雄策らを中心に設立されました。現在、約3,000名の会員を擁する日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織です。その活動は、年鑑の発行、展覧会やシンポジウムの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、多岐にわたります。これらの活動を通して、JAGDAは日本のグラフィックデザインの発展と、コミュニケーション環境の質的向上に大きく寄与してきました。web サイトより引用)

JAGDAはグラフィックデザイナーにとって大きな協会ですが、会員になること自体は、医師にとっての医師免許ように必須のものではありません。昔に比べれば安価なパソコンとアプリケーションを使えて、ネットプリントなど、デザインから成果物ができるまでのステップの多く簡略化でき、誰でも「デザイン」ができるご時世。

改めて、「自分はグラフィックデザイナーだ」という表明として、また、社会との関わり方の表明として参加した次第です。

入会後、デザイナーとして知っておくべきことをまとめた本やら、展示のアーカイブなどが会員証と一緒に届きました。読まないと…

今回入会するにあたり、先輩JAGDA正会員であるAmano Graphicsの天野さんに推薦いただきました!
天野さん、ありがとうございました。

縁あって入会したからには、協会の活動にも積極的に参加したいと思っています。春先、イベントへの参加の予定もあるので、また改めてお知らせさせてください。

2020年の投稿が一発目から個人的な話になってしまいましたが、今年も、studio0.25をよろしくお願いいたします。