047

東京ミッドタウン・デザインハブ第92回企画展「日本のグラフィックデザイン2021」を見てきました

天気の悪い土日が続いていた最近ですが、今週はなんとかもつようです。
せっかくだから出かけたいけど混雑は……という方におすすめの展示をご紹介します。

東京ミッドタウン・デザインハブ第92回企画展
日本のグラフィックデザイン2021

会員約3,000人を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイン協会(JAGDA ※7月1日より改称)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。2021年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物とモニタで展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

会期:2021年7月16日(金)~9月5日(日)11:00‒19:00
(※今後の状況によって、会期・開場時間等を変更する場合もあります)
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイン協会(JAGDA ※7月1日より改称)

https://designhub.jp/exhibitions/6848/

グラフィックデザインの醍醐味といったらやっぱり実物が持つ質感。
JAGDAから発行される年鑑も見応えがあって楽しいのですが、ポスターやパッケージの実物を見ていると表情が違って見えます。

今六本木で開催中の展示といえば、森アーツセンターギャラリーの『KAWS TOKYO FIRST Sponsored by DUO』、21_21 DESIGN SIGHTの『ルール?展』がありますが……
個人的には、デザインハブはグラフィックデザイン関連の展示を多く開催しているほか、あまり混雑しないのでとてもおすすめです。