012

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展

師走のお忙しい時期かと思いますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は先日、清澄白河にある東京都現代美術館で「ミナ ペルホネン」の展示を見てきました。

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019 年11月16日|土|ー2020年2月16日|日|
10:00ー18:00
東京都現代美術館

展覧会特設サイト
https://mina-tsuzuku.jp/

デザイナーの皆川明さんが設立したブランド「ミナ ペルホネン」。
「せめて100年つづくブランドに」という思いでブランドを立ちあげて25年。洋服ブランドとしてだけでなく、テキスタイルにインテリア、食器、空間デザイン……と領域を広げているミナ。常に「これからの100年」を見つめつづける、その哲学と作品を一挙に見れる展示です。

ちなみに、
展示デザインはエストニア国立博物館で知られる建築家・田根剛さん
グラフィックデザインは日本でも指折りのアートディレクター・葛西薫さんです。

根気のいる細かい手作業をしていた時期に出会った「ミナペルホネン?」。
皆川さんのものづくりに対する愛情と真摯な姿勢に励まされました。

水彩の色を表現するために版を何枚も重ねているだとか、刺繍のステッチひとつひとつをつぶさに確認し、決めていくだとか……。私なら気が滅入ってしまいそうだけど、皆川さんの作品や文章には「苦しさ」を感じないのも、魅力の一つだと思います。

これまで「ミナ」で生まれてきたコレクションのアーカイブ

皆川さんの「もっと良くしたい」を叶える工場の人たちとのチームワークで生まれる服。
そして、それを知ってかしらずか思い思いに愛用する人たち。
アイデアから、人の手に渡ってからもずっと物語のある服。

私は普段大量生産された服を着るけど、「大切な服」を一着持つのもいいな。と、憧れの気持ちが芽生えた展示でした。

先日リニューアルオープンした渋谷PARCOのほぼ日でも、記念企画が開催されているようです。私は行けるかわからないのですが、、もし行った方がいたら、ぜひお話聞かせてください。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」記念企画
2019年12月11日(水)~2019年12月29日(日)
10:00~21:00 入場料500円(小学生以下は無料)
主催|株式会社ほぼ日
https://www.1101.com/hobonichiyobi/mina-perhonen/index.html

話は前後しますが、東京都現代美術館で同時開催中の、メディアアーティストグループ「ダムタイプ」による展示も素敵なので、足を運ばれた際はぜひ。