010

竹尾見本帖本店展示『タイポグラフィをめぐる書物の森』

神保町へ、竹尾見本帖本店展示『タイポグラフィをめぐる書物の森』を見に行きました。

“タイポグラフィをめぐる書物の森
2019年9月2日|月|―10月11日|金|
11:00–19:00
※土日祝 /休
Association Typographique Inter nationale(国際タイポグラフィ協会)が主催する
世界的なタイポグラフィのカンファレンス「ATypI(エータイプアイ)」。
初の日本開催を記念し、「ATypI 2019 TOKYO」サテライト展示として、
タイポグラフィと書物をテーマとした展示会を開催いたします。”

竹尾ウェブサイトより引用)

イギリス産業革命期に活躍したウィリアム・モリス主宰の出版社「ケルムスコットプレス」の本から、デジタルフォントの立役者であるズザーナ・リッコとルディ・バンダーランスによる『エミグレマガジン』、また、白井敬尚さんや朗文堂の方々が設計された近年の本まで。古今東西津々浦々の本を鑑賞(一部の本は手に取ることも)できる、とても貴重な展示でした。

展示では活字ができるまでの動画も流れていて、活字にしろ造本にしろ、あらゆる作業がまだ手しごとであった時代に「本を作る」って、つくづく凄いことだな……と思い知らせれました。本当に「魂」を込めないと、とてもじゃないけど出来そうにありません。
(書体の設計だけでなく紙やインキも自ら作ったというジョン・バスカヴィルには頭が上がらないです)

そんな感動も冷めやらぬまま、会社で「個人的にはバウマン&バウマンの本がよくて」なんて話をして、その数日後その本が届きました。岡本さん、ありがとうございます!

表紙もかっこいいのですが、一貫してRotissで組まれている中面も素敵

今はもうほとんどの作業がデジタルの時代で、それが悪いことだとは思わないのですが、展示を通じて昔の「造本」を知ることで、デザインにかける魂の大事さを認識させられ、とても素敵な体験でした!

展示がもう終わってしまていることだけが残念。次回からは、展示の開催中にブログをupできるようにします!