023

『広告 Vol.414』

昨年のリニューアル以来、話題に事欠かない『広告』。
リニューアル第2号のコピー版を知人から頂きました。企画からコンテンツ、アウトプットの仕方まで、すごく面白かったので、ご紹介します。

以下、TRANS BOOKS掲載文の抜粋です。

「いいものをつくる、とは何か?」を全体テーマに据え、この問いを思索する視点のカタログとしてリニューアル。誌面での批評にとどまらず、装丁や販売方法をとおして特集にまつわる問題提起を行なう。リニューアル創刊号では「価値」を特集し、価格1円(税込)で販売。リニューアル第2号では「著作」を特集し、2,000円(税込)のオリジナル版と200円(税込)のコピー版を同時に発売した。

https://transbooks.center/downloads/works-17/

この特集がすごいのは、著作権という主題に対してシニカルなだけではないこと。 なんと、記事の生原稿データ(Word 形式)がCCライセンスで販売しています。

記事自体も面白くて、「これが200円?」という気持ちでいっぱいです。
インターネットやSNSによって、著作権の侵害(悪意のないものも含む)が身近になったなと思う今日この頃。著作権と、どう接していけばいいのかを考えさせてくれる、実験的で面白い特集でした。